オーガニックコスメ定番のビタミンC誘導体とはどんな性質なのか

オーガニックコスメの中にはビタミンC誘導体が配合されていることが多いです。
普通のビタミンCに比べビタミンC誘導体は、およそ8倍の浸透力があるので、即効性が高いのも特徴です。
また、ビタミンCをそのままお肌に塗ると紫外線を浴びることでかぶれたりすることがあります。
しかし、ビタミンC誘導体は、ビタミンCをコーティングしているので浸透性が高く、様々なデメリットを解消しているのです。
オーガニックコスメでは、美肌を目的としてビタミンC誘導体を加えることが他のコスメより多く定番になっています。

 

ビタミンC誘導体は、様々な美肌効果が期待できる成分としてオーガニックコスメ以外でも定番になりつつあります。
そしてビタミンC誘導体は、美白効果が高くアンチエイジングにも有効とされているため人気が高いのが理由になっています。
ビタミンC誘導体の効果としては、肌のコラーゲンを増加させる効果があるほかメラニンを抑える効果があります。
他にもシミやそばかすなどを薄くしたり、にきび予防や毛穴を目立たなくします。
また、肌のターンオーバーを促す作用があるので美肌に近づくことができるのです。
オーガニックコスメを使用される方は、美肌効果に期待をしている人が多いのでビタミンC誘導体が入っていると喜ばれます。

 

ビタミンC誘導体といっても水溶性と脂溶性があり、それぞれ特徴があります。
水溶性のものは即効性が高いものの持続力が短く、脂溶性のものは即効性が低くなるものの持続性が長くなります。
オーガニックコスメで使用されているものも水溶性か脂溶性かに分かれます。
それぞれ性質が違うので、オーガニックコスメ自体の特徴も変わってきます。
持続力などを比較してみると、水溶性か脂溶性のビタミンC誘導体か判ることもありますが、どちらが良いとはいいきれません。
自分の肌に合ったものが一番良いのですが、使ってみないと判らないということも多いです。
オーガニックコスメの口コミなどを参考にされても良いのですが、実際、少しでも使ってみてください。
自分の肌に合えばビタミンC誘導体は強い味方になってくれます。