オーガニックコスメにも入っている場合がある合成界面活性剤

オーガニックコスメの成分の中には合成界面活性剤を使用している場合もあります。
合成界面活性剤とは、水と油を混ぜる成分で乳液やクリーム、シャンプーなどにも入っていることが多いです。
合成界面活性剤を使う事で他の成分が肌の奥に浸透しやすくなります。
肌に成分を届けるために合成界面活性剤を使っているのです。

 

オーガニックコスメには、あまり合成界面活性剤を使う事は無いのですが使っている場合は天然の界面活性剤です。
合成界面活性剤は、化学物質ですが天然の界面活性剤で石けんや大豆のレシチンから作られてます。
合成界面活性剤は、元々石油から作られるものもありますが石油と植物からつくられるものもあります。
一般的なコスメ商品には合成界面活性剤が使われていますが、オーガニックコスメには天然の界面活性剤ということになります。
合成界面活性剤は、他の成分を浸透させやすくするもののお肌が乾燥しやすくなるという副作用があります。
また、お肌本来が持っている保護機能を低下させアレルギーになりやすいとも言われています。
一見肌には悪い物とは思えないものですが人によってはかなり副作用が強い場合もあるのです。

 

その為、合成界面活性剤を使っている物はできるだけ使わないという人もいます。
植物原料の合成界面活性剤だと肌にも負担が少ないように思われがちですが、全く乾燥肌の原因にならないかというとそうではないです。
天然の界面活性剤は、石油系の物に比べると肌トラブルが起こる可能性が少なくなります。
もし界面活性剤を使ったオーガニックコスメを使用するなら、できるだけ天然の界面活性剤を選んで下さい。
せっかく肌の為にオーガニックコスメを使っても界面活性剤の性で乾燥肌になってしまっては何にもなりません。
使えば使うほど乾燥肌になってしまうのですからオーガニックコスメを使う意味が無いともいえます。
そうならない為にも特に乾燥肌が気になっている方は、合成界面活性剤や天然の界面活性剤が使われているのかチェックしてみると良いです。