無添加だから安全とは限らない?オーガニックコスメと防腐剤の関係

オーガニックコスメの中には、無添加を前面に押し出して宣伝しているような商品もあります。
一見、無添加だから肌に優しくて良いオーガニックコスメと思いがちですが、安全とは限らないので注意が必要です。
特に防腐剤には注意が必要で、オーガニックコスメには入っていないようなイメージですが、入っている事もあるのです。
普通の化粧品には防腐剤としてパラベンという化合物が入っています。

 

このパラベンは、環境ホルモンが入っているという疑いもあるもので問題になっています。
このため、パラベン不使用という化粧品も出ていますが、その代わりに使用されているフェノキシエタノールにも環境ホルモンの疑いがあります。
環境ホルモンは少量でも乳がんや子宮の病気になるのではと考えられているものなので、できるだけこのようなものを使用したものは使わない方が良いのです。
防腐剤は使っていないけど防カビ剤は使っているというようなものもあるので気を付けます。
防カビ剤には殺菌作用が強い物もありアルコールが入っている場合もあります。

 

オーガニックコスメには、基本的にこのような防腐剤は使っていないのですが、その代わり天然の防腐剤を使っています。
天然のものだとハーブやヒノキなどの防腐効果が高いものがあります。
安全性が高いのですが、パラベンのような化学成分に比べると防腐効果はそんなにありません。
化粧品を開封するまでは持つのですが、開封すると使用期限が短いというのがほとんどです。
開封したら1回で使いきりというものは防腐剤が入っていないか、入っていても天然のものと考えて間違いありません。
天然の防腐剤にはハーブのローズマリーの他、ヒノキのヒノキチオール、フルーツのグレープフルーツもあります。
その他かんきつ系のものにも防腐成分があり、色々なかんき類を組合わせて防腐剤にしているものもあります。
無添加だからとすっかり安心しないで、防腐剤が何を使っているのか、使用期間はいつまでなのか天然成分の防腐剤は何を使っているか確認して下さい。