オーガニックコスメの香りづけに使われるアロマの効果と安全性

オーガニックコスメは、化学物質を使わないのが基本なので香料なども化学物質はつかいません。
そこで香料として使用するのがアロマで使われるような素材です。
オーガニックコスメでは、ほとんどハーブや花を香料として使用していてお肌に優しいのです。

 

オーガニックコスメの香料として使われるものには次の様な物があります。
ローズ(バラ)は、人気が高くアロマとしても使われていますが香料として目にする事も多いものです。
華やかな香りで古くから香り付けには使用されてきました、肌荒れやアンチエイジングにも効果的です。
また、保湿効果もローズは優れていて肌にハリを与えたりツルツルにするとも言われています。
特にダマスクローズ種のものは香りが良く高価なオーガニックコスメには使用されることが多いのです。
ラベンダーもオーガニックコスメではお馴染みの香料です。
リラックス効果が高いアロマとしても知られている為、不眠やイライラにも良いと古くから色々な物に用いられています。
香りの他にもラベンダーは乾燥や肌荒れにも良いとされているためオーガニックコスメでも使われることがあります。

 

その他にもオーガニックコスメで香料として使われるものにはアロマで使われるようなものが多いです。
ペパーミントは、刺激的なイメージがありますがほてりを取る効果があり刺激も無く保湿性が優れています。
ローズマリーも有名ですが、さわやか系の香りでリラック効果が期待できお肌もさっぱりしてくれます。
青リンゴに似たフルーティーな香りがするハーブがカモミールです。
精油されて使われる事もあり、ニキビや肌荒れにも効果が期待できるのでオーガニックコスメにも使用されています。
特に乾燥肌の方はカモミールが入っているオーガニックコスメが良いと言われています。
オーガニックコスメの中にはこのようなハーブ類が香りづけに使用されることがありますが、中にはそうでないものもあります。
日本製の物でも詳しく中身を公表していなかったり、かなり価格が安かったり、試用期間が3カ月以上のものなどは気を付けた方が良いです。