オーガニックコスメランキング|おすすめはこれ!

最近注目されていて多くの方が利用しているのオーガニックコスメがあります。
オーガニックコスメといってもいろいろなメーカーが商品を出しているので迷ってしまうと思います。
そこでおすすめのオーガニックコスメを紹介したいと思います。
オーガニックコスメを利用したいという方の参考になれば幸いです。

オーガニックコスメランキング

HANAオーガニック

HANAオーガニックは口コミでも評判の天然100%の国産オーガニックです。
オールインワン乳液のムーンライトミルクは1本にバラの花びら1000枚を凝縮し、本来肌が持つ力を引き出し、肌を再生に導いてくれるということなんです。
オーガニックコスメですし、肌が弱い方や敏感肌の方にもおすすめです。
初回限定で利用しやすい価格になっています。

琉白

琉白は沖縄のハーブ月桃から生まれた日本人のための国産オーガニックコスメです。
口コミでも評価が良いですし、様々な雑誌でも紹介されています。
オーガニックコスメでもいろいろありますが日本人向けということで利用しやすいのではないでしょうか。
また、初回限定でお試しセットがあるので利用しやすいと思います。

NATURAL ORCHESTRA PRO BIO(ホホバオイル)

NATURAL ORCHESTRAのPRO BIO(ホホバオイル)は今注目のホホバオイルを使用したオーガニックコスメです。
ヨーロッパの2機関のオーガニック認定を受けた高品質の商品です。
ホホバオイルは乾燥を防ぐ効果が期待できるということとアトピーやニキビ跡などにも良いといわれています。
そのまま塗ったり、美容液や乳液に混ぜて使用する方法があります。

オーガニックコスメとは

オーガニックコスメとは、農薬や肥料などの化学合成成分を一切使用せずに栽培された有機素材を用いて作られた化粧品のことをいいます。
こういった素材を使用しているのは、人が本来持ち合わせている自然治治癒力を前面に出してお肌のケアを行なおうという目的があるからです。
余計な化学物質が含まれていないため、肌への刺激が最小限に抑えられています。
敏感肌の方でも気にすることなく使用することができます。
市販されている化粧品には、さまざまなキャッチコピーがつけられています。
天然由来、無添加、自然派などが目に付くところですが、内容されている成分も大きく違っています。
ですが、これらのものとオーガニックコスメが同じものかと言えば違います。
天然由来とか無添加といいましても、化学物質が含まれているからです。
オーガニックといえるためには、化学物質が一切含まれていないことが条件になります。
オーガニックコスメをお求めの方は、そういった部分をよく確認して購入する必要があります。

オーガニックコスメで人気のある素材の種類や特徴について

オーガニックコスメでも人気のある素材を使っているものは売れています。
オーガニックコスメとは、原材料の植物育成・商品の製造過程でも化学成分を使ってないという定義があります。
ですので、原材料の素材も農薬や化学肥料は使用していません。

 

化学成分を使っていないどのような素材が人気がというと、やはりハーブなどが多いです。
よもぎ、カモミール、セージ、コーンフラワー、ラベンダー、ローズなどがオーガニックコスメには入っています。
これらのハーブ類は、肌荒れやにきび、炎症、鎮静作用に効果が期待できるという特徴があるものがあります。
そのため、オーガニックコスメの素材にこだわる方からは人気が高いのです。
ラベンダーやローズは、香料の代わりに使用されることもあり、香りが良いので使い心地も上がると評判です。
和漢植物もオーガニックコスメには入っていることが多い人気の素材です。
甘草やオウゴン、アギ根、ゆず、ドクダミなど、美白効果や抗酸化効果、ニキビ予防も期待できるという特徴があります。
このような自然素材を使っていてなおかつ農薬や化学肥料などを使っていないオーガニックコスメを選ぶ人が増えているのです。

 

自然派化粧品など、似たような感じの化粧品がたくさんありますが、それらは少なからずとも化学成分が入っています。
特に、敏感肌の方などはちょっとした化学成分で肌荒れの原因になったりするので、気を付けなければなりません。
できれば、ラベルの宣伝内容ばかりではなく、スキンケア化粧品の原材料にどのようなものが使われているか確かめた方が良いです。
オーガニックコスメのメーカーホームページなどには、使っている素材の詳しい情報がほとんど掲載されています。
心配な方はこのようなサイトで、どんな素材で作られているのかをきちんと知っておくほうが良いのです。
もし、肌トラブルが起こったときも素材が何か知っておくことで対処も素早くできます。
農薬なども使っていない素材を原材料として使っていると、どうしてもオーガニックコスメの価格が高くなります。
しかし、自分の肌に一番いいものを選ぶならちょっといいものを選ぶのが無難です。

優れたオーガニックコスメの特徴と活用方法について

最近、オーガニックコスメという名前を聞く機会が増えて来ていますが、どんなものか知らないという方も多いです。
オーガニックコスメとは、イメージ的に自然でお肌に良いような感じですが、こだわりの原材料を使っているというものなんです。
一般的なコスメ用品の原材料などは、化学肥料や農薬などの化学物質を使っていないものです。
低農薬のものでも少しだけだったとしても使っているとオーガニックコスメではありません。

 

とにかく化学物質を原材料に使ってないことがオーガニックコスメの特徴といえるのです。
それだけ原材料にこだわっているから肌が弱い方でも安心して使えるというのが知られています。
オーガニックコスメに似たようなものとしては自然派化粧品とか無添加化粧品とかありますが、これらはまたちょっと違います。
天然の成分を配合していたり、防腐剤などを使ってないものもありますが、化学物質が全く入ってないというわけではありません。
だからといってお肌に悪いということはありませんが、オーガニックコスメではないということになります。
肌にいい感じで商品説明などに書かれているため、オーガニックコスメと勘違いして購入する方も多いのです。
お肌のトラブルになってから気が付くこともあるので注意してください。

 

オーガニックコスメの活用方法は様々です。
特に敏感肌などお肌が弱い方は、できるだけオーガニックコスメを使われることをおすすめします。
スキンケア商品はもちろん、ファンデーションや口紅などオーガニックコスメを使われるとトラブルが少ないです。
スキンケアでは、洗顔のメイク落としや洗顔料などの基本的なものもオーガニックコスメを使われると良いです。
その後にオーガニックコスメで化粧水やクリームなどを使うといいです。
基礎化粧品がオーガニックコスメでもメイク道具がオーガニックコスメでないと効果が薄れることがあるので気を付けて下さい。
商品によっては食べても害がないほど良いものもあるので、肌トラブルがある方は安心度が違うのです。

オーガニックコスメと名前がついていればなんでも安全で安心なのか

オーガニックコスメは、肌にも優しく自然治癒力を高める化粧品として認知度が上がってきています。
しかし、オーガニックコスメだったら安心なのかというとそうではないので気を付けなければなりません。
外国ではオーガニックコスメの定義が確立されており、厳しい基準をクリアしないと名乗れません。

 

日本の場合は、そのあたりの判断をメーカーに任せているので、全部信用するというのは難しいのです。
例えば、防腐剤や保存剤、香料などを使ってない場合でも、原材料にちょっとでも低農薬が入ってたらオーガニックコスメとしてはアウトです。
しかし、メーカーによっては、その辺りの基準が若干曖昧な場合もあるので、完全に入ってないかどうか微妙なんです。
日本の信頼性が高いオーガニックコスメのメーカーも、もちろんあって明確な基準を独自に公表している所もあります。
メーカーのホームページなどで、原材料の素材をどのような方法で育成しているかなども見られるようになっています。
詳しく説明しているメーカーが良心的ですのでごまかしたりしていません。
そういうメーカーを見つけたらオーガニックコスメの口コミなどもチェックして本当にトラブルなどないかも確認しておきます。
口コミなどでも評判が良いようならオーガニックコスメとしては合格です。
それでも肌の弱い方はとくに、お試し商品などで試してから購入して下さい。

 

また、原材料をどのようにして製造し商品にしているかなど詳しい製造方法も公開しているようなところは良いです。
安全を前面に押し出しているようなメーカーが信頼度が高いと思って間違いないです。
安くてもどうやって作っているのか怪しいのにオーガニックコスメなどの名前を付けているようなメーカーは注意が必要です。
面倒くさくてもせっかくオーガニックコスメを購入しようと思うなら原材料まで確認しておいた方が良いです。
きちんとした公表をしている所が優良なメーカーです。
そのようなメーカーが安心なので、敏感肌やアトピー性皮膚炎の方は、そういうオーガニックコスメを選んでください。

海外産のオーガニックコスメは安全?選ぶ場合の注意点とは

オーガニックコスメは、肌に良いとお考えの方がほとんどですが、本当に安全なんでしょうか。
特に海外のオーガニックコスメは、基準が厳しいから安心だと言って購入される方がいます。
しかし、海外のオーガニックコスメだから大丈夫というわけではありません。
海外のオーガニックコスメは、厳格にオーガニックの定義を守っている所もあります。
しかし、海外のメーカーによっては、オーガニックコスメなのにかなり値段が安い所もあります。

 

値段が安いということは、その分手間をかけていなかったり化学製品の使用もしている可能性が出てきます。
防腐剤が入ってないはずなのに使用期間が3ヶ月位あるような場合は、疑ったほうがよいです。
通常のオーガニックコスメの場合、短いときは数日しか持たないものもあるので、3ヶ月は長すぎです。
そういう矛盾があるオーガニックコスメが調べてみると結構あります。
防腐剤や保存料不使用なのに使用期間が長い場合は、注意しておいた方が良いです。
また、価格が一般的なオーガニックコスメより安いものも化学成分が入っている可能性があります。
メーカーがいくらオーガニックといっても確認できない部分もあります。

 

メールアドレスや電話番号が外国のメーカーだと書いてあっても英語での問い合わせだったり電話が外国だったりします。
そうなるとなかなか細かい部分の確認はできないので注意してください。
海外のメーカーのオーガニックコスメだから安全だし安心というのは一概には言えないのが現状です。
有名なオーガニックコスメのメーカーだとほとんどそういうことはありませんが、細かい説明を確認しておくと安心です。
海外でもオーガニックコスメの定義から外れた説明などがある場合は安全性を信頼しない方が良いです。
その点、日本のメーカーだと、メーカー任せとはいえ一部の外国のオーガニックコスメより信頼度が高い場合もあります。
ホームページで素材等を紹介している場合も日本語で判りやすいですし、問い合わせもできます。

肌に危険なオーガニックコスメはあるの?見分け方について

残念ながらオーガニックコスメと言っても全部が全部いいものばかりではありません。
お肌にとっては危険とさえ感じてしまうものがあるのです。
外国ではオーガニックコスメというと細かな基準があり、認定期間が検査したものでないと店頭に並びません。
日本の場合は、メーカーが自分で判断してオーガニックコスメという名前を付けるのでどうしても過剰宣伝が多くなります。
本当にそのオーガニックコスメが安心安全でトラブルもないのか見分けることが求められるのです。

 

オーガニックコスメは日本製のものだけでも多種多様販売されています。
中には、お肌がプルンとするとかツルツルになるとか魅力的なキャッチコピーが付いている物もあります。
しかし、そういうオーガニックコスメを使っても人によっては肌に合わず、かぶれたり肌荒れになったりするのです。
そんな時、日本人は自分が特別肌が弱くて敏感なんだと思い込んでしまうことがほとんどです。
でも実は、オーガニックコスメ自体に悪い物が入っていることもあるのです。
農薬や化学成分が使われていないと言っても、入っている物の中に一定の方には影響する成分があれば危険とも言えるのです。

 

このようなトラブルと避けるためには、まずオーガニックコスメの宣伝文句や広告を鵜呑みにしないことが肝心です。
疑ってかかるのも人が悪いように思えますが、一般的なコスメ用品より高いオーガニックコスメを購入して使えなければ意味がありません。
そんな事にならない為にも購入前にその商品の口コミや評判で、実際使っている人の感想を見てみると良いです。
メーカーのホームページには商品を称賛するようなコメントしかありませんので、その他のサイトの口コミを参考にして下さい。
そして、口コミで評判が良かったとしてもできればお試しなどを使ってから本格的な購入をすれば失敗する確率が低くなります。
危険なオーガニックコスメは肌トラブルが多く口コミが悪い事も多いのでこういうところからの購入は止めた方が無難です。

オーガニックコスメの定義について再度確認してみよう


欧米で生まれたオーガニックコスメは、日本でもアトピー性皮膚炎や敏感肌の方に人気のコスメです。
外国ではオーガニックコスメの定義が厳格に決められていますが、日本ではメーカーが独自で基準を決めています。
日本の基準としては、材料の栽培の時に農薬を使っていないとかもですが、その栽培地が過去2年農薬等を使っていないかも調べます。
さらに遺伝子を組み換えした原料を使ってないことがオーガニックコスメでは求められます。

 

オーガニックコスメの定義は、基本的に化学肥料などを使ってない有機栽培の植物を原材料にしているものということです。
オーガニック食品の場合、結構定義や基準が厳しいのですが、オーガニックコスメになるとそこまで厳格ではないのです。
その分どうしてもコストが高くなり商品価格も高めのものが多いのですがそれでも肌が弱い方には必要なケア商品なんです。
元々人は自分で治す自然治癒力という力を誰でも持っています。
しかし、一般的なコスメ商品の場合、添加物や化学物質のせいで肌が弱い場合ダメージを受けてしまうことがあります。
肌が弱い人の場合、自然治癒力がダメージに追いつかないのが原因なんですが、オーガニックコスメなら大丈夫なんです。
オーガニックコスメは、自然治癒力を高めて回復させるために作られたスキンケアなので肌が弱い方にも良いのです。

 

低農薬とか自然派化粧品とか無添加化粧品とかオーガニックコスメに似たような商品が色々あります。
しかし、オーガニックコスメの定義とはかけ離れたものがほとんどです。
製造の時防腐剤などは使ってないけど、農薬や化学物質を育てていることが多いのです。
天然の原材料を使っていてもオーガニックコスメとは言えない場合もありますので購入の際はそちらだけ注意してください。
オーガニックコスメでは防腐剤が入っていないため、使用期間が開封後1週間という商品もあります。
使用期間が短いですが、それだけ肌に負担がかからない優しさがオーガニックコスメの魅力なんです。

ホホバオイル

ホホバオイルは最近注目されている成分で自然由来の油で、保湿力があり肌にも優しいということで多くの商品が出てきています。
他にも抗菌作用や抗酸化作用なども言われています。
ですから頭皮に使ったりお風呂に入れたりなど様々な使い方ができます。
詳しくはこちらのホホバオイルを見ていただければと思います。